映画『カジノ』実際の出来事に基づいている場面は?

カジノ』は1995年に公開された古典的な映画で、ギャンブルが取り上げられています。この映画はギャンブルを扱いながらも、それを中心に据えるのではなく、ギャング、お金、権力、欲望、殺人に焦点を当てています。監督はマーティン・スコセッシで、ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ、シャロン・ストーン、ジェームズ・ウッズなどが出演しています。

ストーリー

マフィアの構成員であるサム・ロススティーン(通称:エース)をめぐる映画です。彼は、シカゴのマフィアからカジノ「タンジール」の経営を任されます。彼はカジノの収益性を高めることに全力を注ぎますが、税金を支払う前に、その収益はマフィアの懐に入れられてしまいます。

サムのボスであるリモ・ガッジは、サムとカジノの掠め取り作戦を守るために、彼にボディーガードをつけます。サムを守っていたのは、ニッキー・サントロ(サムの友人)、ドミニク・サントロ(ニッキーの弟)、フランキー・マリノの3人でした。

その後、サムはストリッパーのジンジャー・マッケンナと恋に落ちます。ジンジャーには問題のある過去と元恋人との不健全な関係があり、そのせいでサムとジンジャーの関係は、二人の間に子供がいるにもかかわらず悪化していきます。そして、サムはジンジャーとの離婚を決意し、子供を連れてイギリスへと旅立ちます。

映画の最後には、ニッキーによる暗殺計画を生き延びたサムの姿があります。ジンジャーはドラッグの過剰摂取で死んでしまいます。 サムも引退し、カジノは数百万ドル規模の企業に買収されます。ニッキーとドミニクはマフィアの命令により襲撃されます。彼らは殴られ、生き埋めにされます。

実話かフィクションか?

映画『カジノ』は実話に基づいています。映画のプロットは、シカゴのマフィアのためにカジノを経営していたフランク・”レフティ”・ローゼンタールの実際の人生を中心に展開されます。1970年〜1980年の間に、彼は3軒のカジノを経営していました。映画のすべての細部が実話に基づいているわけではありませんが、いくつかはまるで実際に起こったことのように描かれています。

ローゼンタールはマフィア構成員だった

ローゼンタール(映画ではサム)は、マフィア所属のギャングでした。しかし、彼はカジノのゲームライセンスを持っていませんでした。マフィアは彼をカジノに忍び込ませ、金をかすめ取る手助けをさせていたのです。

暗殺を生き延びたローゼンタール

映画の中で、サムは自動車に仕掛けられた爆弾から生き延びています。1981年にキャデラック・エルドラドに乗っていたフランク・ローゼンタールが、自動車に仕掛けられた爆弾から生き延びたのは事実です。フランクが死を免れた理由は、このモデルの車両に使われていた金属板が爆風を遮ってくれたからです。

ゲリの死因はドラッグの過剰摂取

サムとジンジャーと同様に、フランクも妻のゲリとの関係に悩まされました。ゲリもジンジャーと同様に、ドラッグの過剰摂取で亡くなりました。彼女はビバリー・サンセット・ホテルで発見され、3日後に医療機関で亡くなりました。彼女の家族は、マフィアが彼女の死を画策したと信じています。

アンソニーとマイケルは共に死んだ

アンソニーとマイケルは、フランクのボディーガードでした。映画では、この二人はニッキー・サントロとその弟ドミニクとして描かれています。彼らは拷問を受け、トウモロコシ畑に生き埋めにされますが、これも実話に基づいています。アンソニー・スピロトロとマイケル・スピロトロは1986年6月に失踪しました。その後、彼らがインディアナ州のトウモロコシ畑に埋められているのが発見されました。

『カジノ』が傑作であることは誰もが認めるところです。素晴らしいキャストに加え、ストーリー自体が深く、悲劇的で、驚きに満ちているからです。カジノがどのように運営されているのか、マフィアがどのように振る舞い、違法活動を行っているのかについて知ることができます。また、この作品が実在の人物をモデルにしていることは誰もが知っていることですが、それがこの映画をより悲しく、より恐ろしいものにしています。

今回は、この映画のなかの実話に基づいた部分について見てきましたが、おそらくそれこそが、この映画を真の傑作にしているのでしょう。