Categories
カジノ

映画「カジノ」の基になった実際の事件

マーティン・スコセッシの1995年のヒット映画「カジノ」は、最も人気のあるアメリカ映画の一つです。ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ、ジェームズ・ウッズ、シャロン・ストーンなどが主要な役を演じたこの作品は、ニコラス・ピレッジの「カジノ」という本を原作としています。また、物語を盛り上げ、観客を惹きつけるために実際にあった事件を取り入れてもいます。映画のどの部分がフィクションかわかりますか?わからない方は、以下、映画「カジノ」の基になった実際の事件について読んでみてください。

1. ローゼンタールとライセンス

映画と同様に、ローゼンタールはカジノ経営のライセンスを持っていませんでした。犯罪組織とのつながりがあったためです。彼を助けるため、マフィアはローゼンタールにカジノを任せ、表向きは目立たない肩書の仕事をさせることにします。彼が担当した様々な仕事の中には、エンターテインメント・ディレクター、ベルボーイ、フード・ドリンクマネージャーなどがあります。

多くの人が、映画でローゼンタールが演技をしているシーンはダークコメディー要素のための演出だと考えるのですが、実際にその通りのことが起こっていたのです。

カジノゲーム

2. 主要な登場人物たち

この映画の最大の真実は、メインの登場人物たちがみんな実在の人物に基づいているということでしょう。そうなのです。主要な登場人物一人ひとりに実在のモデルがいて、大まかな性格や特徴をきちんとなぞっているのです。サム・「エース」・ロススティーンのモデルはフランク・ローゼンタール。ニッキー・サントロのモデルはアンソニー・スピロトロー。ジンジャー・マッケンナはゲリ・マギー、そしてフィリップ・グリーンですら、アレン・グリックというモデルがいるのです。

効果的なセットのおかげで、映画は物語を適切に描いており、実際に起こったことを理解する一助となってくれます。

ローゼンタール

3. 元カジノ経営者の悲劇的な最期とゲリの薬物過剰摂取による死

映画で描かれる殺人は登場人物たちのおそろしい性質を明らかにしますが、その中には現実に起きた事件も含まれています。よく知られている一件は、故郷のコスタリカまで追跡され殺害された元カジノ経営者の事件でしょう。犯罪の詳細は描かれていませんが、実際の出来事が基になっています。

一方、ローゼンタールの元妻、ゲリは薬物の過剰摂取で命を落としました。映画のシーンは事実に基づいています。シャロン・ストーン演じるマッケンナが同じような運命に身を落とす場面は非常に現実的で、実際に起きたことを描いています。これらは映画「カジノ」の基となった実際の出来事の代表的なものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *